ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

痩せている人が実践している体型維持方法!!

こんにちは、りっちです。

うちの主人はスリムな体型です。ガリガリな訳ではなく、程よく筋肉もあります。出会ったのは10年ほど前ですが、その頃から体型はほぼ変わっていません。


しかし、ある時、大学1年生の時の写真を見て、ビックリ!!すごく太って丸々としていました。太りにくい体質というわけではなく、かなり体型には気をつけているようです。でも、ガッツリ運動をしているわけではないので、日常生活で気をつけているそうです。

私自身は、太りにくい体質のようで今まではたくさん食べてもあまり太りませんでした。ですが、年齢を重ねるごとに代謝が落ちてきたのか、最近では食べ過ぎるとすぐに体重が増えてしまうように・・・。


なので、主人の体型維持方法にはとても興味がありました!そんな主人の体型維持方法をお話したいと思います!

 

 

食事は腹5分目

食事は毎回腹8分目どころか、腹5分目にしているそうです。いつもはお腹いっぱい食べている私にとっては、5分目って信じられないくらいでした。でも、続けていると慣れてくるそうです。

でも、お母さんがたは特に、少しだけ残ると面倒だから全部食べちゃいたくなりますよね!?主人もそうだそうです。なので、ここでポイントなのが、”ガッツリ残すこと”だそうです(笑)少し残りそう、の手前で残すのがいいようです。

 

食べるよりもやりたいこと、面白いことを探す

主人は自宅でも仕事や勉強をとても熱心にしています。食事が終わればすぐに仕事です。食べるよりもやりたいこと、やらなければならないことが沢山あるそうです。


また、学生時代テニスをしていました。現在もたまにやっています。スポーツする前に沢山食べると動けないし、太ると動けないのであまり食べないように気をつけているそうです。


さらに、太っていられない仕事をするのも重要だと言っています。人前に出る仕事や、医者などです。私の主人は医者なので、太らないでいようと意識しますよね。太っている医者に「痩せなさい」なんて言われたくありませんよね。

 


大きくは以上の2つのことのようですが、自転車通勤したり、自宅で筋トレしたりもしているので、やはり運動も必要だと思います。



主人いわく、糖尿病の患者さんとかには「少し食べても太るんだよね~。」と言う人がいるそうです。そういう人は実は、他の人から見ると結構な量を食べているんですよね。自分の食べる量を過小評価している人が多いそうです。


でも、もしも本当に少し食べても太る場合は、そういう体質なんだということを受け止めて自分の適量を知ることが必要です。

勉強ができる人、運動ができる人がいるように、太りやすさも人によって違うということです。


少しの意識の違いだと思います。でもそれが難しいって方もいるかもしれませんが、痩せたいと思っているなら努力は必要です。太ると健康に悪いし、将来のことも考えて気をつけていきたいなぁと思いますね。

私も主人を見習って気をつけようと思っています!!

それでは、また!