ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

介護保険の申請方法

こんにちは、りっちです。

今回は介護保険についてお話します。

 

 

  

介護保険とは

介護保険とは介護が必要な高齢者の治療や介護にかかる費用を社会全体で支援する保険制度のことです。40歳以上の人は介護保険に加入し保険料を支払います。その保険料や税金を税源とし、介護が必要な人は、費用の一部を負担するだけでさまざまな介護サービスを受けることができます。

 

介護保険を利用できる人

65歳以上の人

40~64歳までで特定疾患(16種類)を持った人

16種類の特定疾患とは
  1. がん【がん末期】
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靭帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病【パーキンソン病関連疾患】
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱菅狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

申請方法

申請する場所

申請の窓口は市町村役場または、包括支援センターです。
役場か包括支援センターのどちらであるかは市町村によって異なりますが、役場で確認するとわかると思います。役場のホームページ等にも載っているはずです。

 

必要なもの

申請時に必要なものは、申請用紙、介護保険被保険者証です。
申請用紙は申請窓口にありますし、ホームページ等から印刷することができる所もあります。印鑑が必要な地域もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。
介護保険被保険者証は65歳以上の方は必ず持っているはずです。40~64歳までの方はありませんので、医療保険被保険者証(保険証)を提示します。

もしも介護保険被保険者証が見当たらないという方は申請窓口で申し出ると、再発行の手続きをしてくれます。

 

申請に行ける人

申請するのは、本人または家族が原則ですが、成年後見人、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所や介護保険施設等による代行も可能です。

 

主治医意見書

介護認定には主治医意見書が必要になります。

かかりつけ医か、入院中であれば、その時の主治医になる場合もあります。かかりつけ医がいない場合は、医療機関を受診してもらうようになります。

 

いづれの場合も市町村から医師に意見書を依頼することになりますので、申請時に意見書が必要なわけではありませんが、かかりつけ医や主治医がいる場合は介護申請の前に「主治医の欄に先生の名前を書いてもいいですか?」と一言ことわっておくと医師が意見書の記入をスムーズにできると思います。



以上が介護認定の申請方法です。

とりあえず、必要なものを持って、役所に行けば大丈夫です!市町村ごとに異なることもありますので、分からないことがあったらそこで色々教えてもらえるはずです。

 

それでは、また!