ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

看護大学へ行くには理系?文系?

こんにちは、りっちです。

看護師になるには理系でも文系でも大学へ行くことができます。

看護大学へ進学を考えている方や、その親御さんはどちらが良いのか迷ったりしますよね。私自身は高校では理系を選択していました。しかし、文系の人でも看護大学へ行く人もいました。

 

今回はどちらを選べば良いのか、私の意見をお話したいと思います。

 

 

大学の選択の時

進学したい大学が決まっている場合

2次試験の試験科目によっては、理系を選んだほうが良い場合があります。

数学や理科が試験科目に含まれている場合は理系のほうが学ぶ時間数が多いので有利だと思います。

理系を選択していないと受験できない大学はほぼないと思いますが、2次試験で他の受験者と競う上で、理数系が苦手だと不利になります。

ですから、行きたい大学で理数系の試験科目がある場合は理系のほうが有利なのかなと思います。

 

行きたい大学が明確に決まっていなくて、理系科目、文系科目どちらかがすごく得意という場合

得意な方に進んでいいと思います。

理系でも文系でも看護大学を受験することは可能なので、入試の時に選ぶ大学によっては有利になると思います。

例えば、先ほど述べたように理系科目が2次試験にある場合は理系が有利になると思うし、国語や小論文が2次試験科目にある場合文系が有利になると思います。

看護系大学は全国にたくさんありますので、自分の得意な科目が入試科目にある大学を選ぶことができます。

実際に私もそうでした。理系科目のほうが好きで、国語が苦手だったので、高校では理系を選択しました。そして、大学を選ぶときには、苦手な国語、小論文が2次試験にない大学を選びました。

看護大学の場合、2次試験に小論文がある大学は多いです。理系の人でも、小論文を書くことが得意な人だったら問題ないですが、私はものすごく苦手だったので、小論文で他の受験者と戦える気がしなく、それがない大学を選びました!

 

行きたい大学が決まっていなくて、理系科目、文系科目どちらでもいいと思っている人の場合

理系へ進むことを、私はおすすめします。

理系でなくては受験できない大学も少数ですがあります。

また、大学へ入ってからはやはり理系科目も多いので高校で理系を選択していたほうが間違いないと私は思います。

 

 

大学に入ってからのこと

大学の勉強ではやはり理系の内容は多いです。病理学、薬理学、生体機能学などなど・・・。

ですが、看護師になるにはどれも必要な内容です。看護大学に入ったならば皆が勉強しなくてはなりません。理系出身者が成績が良かったということは感じなかったです。

それよりも、真面目にきちんと大学の講義に出て勉強することが大事です。

なので、高校での文理の選択で大きく差が出ることはないです。

 

まとめると

行きたい大学が決まっていればその入試科目によって選択するのが良いです。

そうでなければ、得意な方に進んでいいと思います。大学に行ってからの勉強で文系だと不利になることはほとんど無いと私は思っています。

 


以上は私個人の考えと経験ですが、迷っている方の参考に少しでもなればうれしいです!

それでは、また!