ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

子どもの発熱。すぐに病院へ行かなければならないのはどんな時?

こんにちは、りっちです。
子どもが熱を出すと病院に連れて行ったほうがいいかな、と不安になりますよね。
 
我が家の場合は熱が出たくらいで病院には行きません。

子どもを病院へ連れて行くのって、けっこう大変だし、子ども自身も体力を消耗することだと思います。

できるなら、行きたくないけど、念のため…と思っている人もいるんじゃないでしょうか?

今回は子どもを受診させる基準についてお話します。

 

 

軽症なら自宅で安静にしていたほうが良い

少し熱が出たとか、鼻水、咳が出るというくらいで病院へ連れていく親も多いようです。
 
予防接種などで小児科へ行くと、元気に走り回っている子とかたくさんいます。
どういう症状で来ているのかわからないので一概には言えませんが、もし風邪症状で来ているのだとしたら、走り回るほど元気なら病院に来なくてもいいと思います。
 
また、体調が悪い時に混み合う外来へ行くのは子供本人が辛いだろうし、かわいそうに思えます。
 
うちの子は保育園に入るまで、予防接種以外で病院へ行ったのは、一度だけでした。熱を出したことは何度かありましたが、家で様子を見ていました。
その一度というのは39度から40度位の高熱が4日ほど続いて食欲もなく元気もなかったので病院へ連れていきました。
 
保育園に入っているときは、保育園の先生に病院へ行ってくださいとか言われるので連れて行ってましたが。でも、本当は病院へ行かずに、自宅で安静にしていたほうが良いと思っています。
 
風邪なら自宅で安静にしていれば大抵は良くなるはずです。
 
 

発熱時に病院へ連れて行く基準

  • 生後3ヶ月未満で38度以上の発熱がある
  • 38度以上の熱が4日以上つづく
  • けいれんを起こしている
  • ぐったりして、元気がない
  • 水分が取れない
 
これらのいづれかに当てはまる場合は受診が必要です。
そうでなければ、自宅で安静に過ごしましょう。
 
 
我が子のことだと余計に心配になってしまう気持ちは分かりますが、不要に病院へ連れ出すのも可愛そうですよね。
病院へ連れて行った方がいいの?と悩む方の参考になればうれしいです。
それでは、また!