ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

子供連れで新幹線のグリーン車、自由席どちらにも乗ってみた

こんにちは、りっちです。

先日、家族で新幹線に乗り出かけました。行きはグリーン車に乗り、帰りは自由席を体験してみました。その感想をお話したいと思います。

 

 

ちなみに子どもは2歳で、大人しい方だと思います。今回も新幹線内で騒いだりはしていません。

 

 

 

グリーン車

グリーン車は、まず非常に静かです。車内でうるさく喋っている人は全くいません。

子どもが騒いだわけではないですが、少し喋るだけでも気になりました。

それに「子ども連れでグリーン車!?」とよく思わない方もいると聞くので、それを考えたら気になって、子どもがうるさくしないかヒヤヒヤしました。

 

座席は通常のシートよりも幅も前後も広いです。

一人ならゆったり座れるんですが、子どもを抱っこしているとくつろげませんね。

隣が家族でなかったので余計緊張して、全然くつろげませんでした。

 

車掌さんが「ここ2つ空いているので次の駅までどうぞ」と勧めてくださって、その時だけは落ち着いて座れました。

 

きっと、グリーン車に乗っている方はお金に余裕のある方だと思います。

絶対に座れるという点では良いですが、客層を考えると、子ども連れだと緊張してしまうと言うのが一番の感想です。

 

 

自由席

自由席は座れない可能性もあるので、そこが心配でしたが、幸い座れましたし、隣もいなかったので気分は楽でした。

まわりの客もぺちゃくちゃ喋っている人が多いので、こちらも子どもが喋っても全く気になりません。その点では気は遣いませんでした。

多少子どもが騒いだとしても、まわりもあまり気にしないのではないかと思います。

 

今回は短時間の乗車だったので「最悪デッキで立っててもいいかな」くらいの気持ちで乗りましたが、長時間乗る場合は座れなかったことを考えると子ども連れだとかなり大変だと思います。

 

指定席

我が家が一番良く乗るのは普通車の指定席です。

やはり普通の指定席が一番いいのではないかと私は思いました。

子ども連れで座れないのは体力的に辛いし、まわりが静かすぎるのは気を遣うので、席が確保されていて、多少喋っても気にならない指定席が一番ラクです。

 

まとめ

値段の差はありますが、子ども連れの場合、自由席より差額を払っても席が確保されている指定席が私は良いと思いました。

特別混んでいる時期でなく、自由席でもきっと座れる!というのであれば自由席でも良いかもしれませんが、絶対に座れるという確証はないですからね。

 

また、グリーン車は気を遣いすぎて疲れるだけかなと思うと差額を払ってまで乗る必要はないかなと私は感じています。

 

以上は、私が実際に子ども連れで自由席、指定席、グリーン車どれも体験してみて感じた感想でした。

席で悩む方の参考になればうれしいです!

それでは、また!