ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

妊娠中の体重管理について

こんにちは、りっちです。

妊娠中の体重管理って難しいですよね。

 

私自身はつわりがほとんどなく、食欲が妊娠前より異常にありました。

そして妊娠初期から中期くらいにかけて1ヶ月で3kg程増えてしまった時期があり、医師から注意を受けました。そこから体重管理には気をつけるようになりました。結果、体重増加は妊娠期間全体で12kgでした。(非妊娠時のBMIが18~19でした)

 

今回は、妊娠中の体重管理について私の経験談からお話したいと思います!

 

 

妊娠中に体重が増えすぎると

妊娠中のに体重が増えすぎると以下のものの原因になると言われています。

  • 妊娠高血圧症候群
  • 妊娠糖尿病
  • 微弱陣痛
  • 腰痛

 

望ましい体重増加量

妊娠中の体重増加量は、非妊娠時のBMIを目安として、500g/週以上増加しないようにするのが良いようです。

BMIごとの望ましい体重増加量は以下のようになっています。

  • (非妊娠時のBMIが)18.5より少ない人は9~12kg
  • 18.5~25の人は7~12kg
  • 25以上の人はおよそ5kg

 

私がおこなっていた妊娠時の体重管理方法

私は非妊娠時には太りにくい体質でした。しかし妊娠初期から中期にかけて急激に体重が増えてしまいました。そこから体重には気をつけるようになり、その後は体重増加はゆるやかになりました。

 

そこで、私の妊娠中の体重管理の方法を紹介したいと思います。

食事

まず重要なのが食事です。

妊娠前に比べ、食欲がものすごくあり、しかもつわりがなかったので食べるのを我慢するのは難しかったです。

また、お腹の子どものために栄養は取らなければならないので、食べる量を頑張って減らすのではなくカロリーを抑えた食事を作ることを心がけていました。本を参考にして毎日の食事を作っていました。子どもが生まれる前だと時間があったので、頑張って作っていましたね。

実際に購入して参考にしていた本がこちらです。 

ボリュームがありながらもカロリーを抑えたレシピや、便秘解消、妊娠高血圧症候群対策、貧血予防、むくみ予防なども考えられたレシピもたくさん載っています。また、産後の体にあわせたレシピも載っているので長く使えました。こういった食事は家族の健康にとってもうれしいですよね。

 

さらに、甘いものも食べたかったので、普通のスーパーなどに売っている80キロカロリー程のアイスをよく食べていました。その他にはゼロカロリーのゼリーなどもおすすめです。

 

運動

食べ物以外では、やはり運動が必要ですね。

妊娠中は激しい運動が出来ないので、私は毎日散歩をしていました。毎日1時間弱歩いていたかなと思います。一人で歩いてもつまらないので、主人の職場が歩ける距離にあったため、出勤する時に一緒に歩いたりしていましたね。

運動のしすぎはお腹が張ってしまったりと、良くないので自分に合った運動量にしましょう。 

 

ストレスになり過ぎも良くない

お腹の子どものために栄養は取らなければならない、激しい運動は出来ない、体重が増えすぎてもいけない・・・と悩みすぎるのも良くないです。子どもが生まれることはとても幸せなことなのに、悩んでストレスになってしまっては残念ですよね。

マタニティライフを楽しみながら、無理をしない程度に体重管理ができるのがベストだなと、私の経験から考えています!

 

それでは、また!