ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

仕上げ磨きを嫌がる子どもに買った絵本

こんにちは、りっちです。

うちの娘は現在2歳ですが、今苦労しているのが、歯磨きです。

みなさんも苦労している方多いんじゃないでしょうか?

 

自分で歯磨きを持つことは大好きなんですが、仕上げ磨きを嫌がります。自分で上手に磨ければいいんですが、歯磨きをくわえてチューチューしているだけで、「シャカシャカするんだよ。」と声をかけるとちょっとだけシャカシャカと出来る程度です。

 

毎食後に歯磨きをしていますが、しあげを嫌がるので毎回けっこう大変です。仕上げ磨きをちゃんとさせてくれるようになると楽なんだけどな~と毎回思います。

そこで、歯磨きの絵本を購入して読み聞かせているのでそれをご紹介します。

 

仕上げ磨きを嫌がる娘に購入した絵本

1,「はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

 

この本は、歯磨きが嫌いな主人公のたっくん のもとに、表紙の絵の”はみがきれっしゃ”が現れて、お口の中を磨いていくというストーリーです。ストーリー自体は短くて分かりやすいので、小さいお子さんにも理解しやすいかなと思います。

娘は、興味津々にこの本を聞いていました。真似をして「はみがきれっしゃでーす!しゅっしゅっぽー!」とか言ってみると、よろこんで仕上げ磨きをさせてくれます。でも毎回ではなく、調子がいいときですね。

 

でも、この本は歯磨き自体が嫌いなお子さんにとっては、歯磨きは楽しいものだという印象に変えてくれるんじゃないかなと思います!

 

 

2,「ゆっくとすっく しあげにはみがきもういっかい

 

「ゆっくとすっく」シリーズで他にもしつけに対する本が何冊か出ています。

こちらの本は、主人公のゆっくとすっくが、自分で歯磨きをしたんだけれども仕上げ磨きを嫌がり、逃げてきます。どんどん歯磨きを嫌がっているとだんだんむしばいきんが近づいてきて「穴があくまで食べちゃうぞー!」と脅され、怖くて逃げ出し、我慢しながらもお母さんのもとで仕上げ磨きをしてもらうというストーリーです。

 

これは、自分で磨くだけじゃなくて、仕上げ磨きが必要だと言うことを分かってもらいたくて購入しました。こちらも興味津々に聞いていて「バイキンさんがやってくるよ!」と言っておとなしく仕上げ磨きをさせてくれました。

 

絵本ナビ からも購入できます。試し読みも出来ますよ。

絵本ナビで無料ためしよみ

 

どちらも根気よく読み聞かせて、「歯磨きをしないと虫歯になるんだよ!」「仕上げ磨きは大事なんだよ!」ということを理解させていけたらいいなと思っています。

 

親の言うとおりにはなかなかいかない年齢ですから、絵本などで楽しみながら日常生活でのしつけができるといいな~と思いますね。

それでは、また!