ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

育児中でもお酒は飲みたい!

こんにちは、りっちです。

最近、ワインをよく飲むようになりました。

主人がワインにはまっていて、いろいろ買って飲んでいるのでそれに便乗しています。

 

今回は我が家流のお酒の飲み方についてお話します。 

 

安いワインは味がイマイチ…?

もともとお酒は好きな方で、大学生の頃はよく飲んでいました。

しかし、ビールとか甘いお酒がほとんどで、ワインはあまり飲みませんでした。

というのも、ワインってそんなに美味しくないな~と思っていたからです。

多分それは安いものだったんだと思います。

 

しかし、大人になってきちんとしたワインを飲むようになり「ワインってこんなに美味しいんだ!」と知りました。

1000円前後~数万円のワインを主人が勉強も兼ねて購入しているので、それを一緒に飲んでいますが、今まで飲んだことのあるワインとは比べ物にならないです。

きちんとしたワインはとっても美味しい!!

そしてきちんとしたワイングラスで香りも楽しみながら飲むのが、さらに良いです。

一度にたくさん飲むわけではなく、ワイングラスに1~2杯程度です。

 

 

ちなみに最近飲んだ良いワインです。

SASSICAIA(サッシカイア)2014

f:id:richmama:20170724161121j:plain

MONTES ALPHA M(モンテス アルファ エム) 2012

f:id:richmama:20170724161319j:plain

 

ワインは安価なものから高価なものまで幅広くあるし、味もそれぞれ違うので、奥が深いですね。まだまだ勉強中です。

 

発泡酒ではなくビールを

ビールも好きなので、よく飲みます。

我が家の場合は、自宅で飲むことがほとんどですが、ビール350ml缶を主人と半分ずつ飲んでいます。

発泡酒や第三のビールではなくビールです。味がぜんぜん違います。

安い発泡酒などをたくさん飲むのではなく、味が美味しいと思うビールを少量にしています。

 

最近の第三のビールはカロリーや糖質が抑えられた商品が多く出ていますが、正直あまり美味しいとは思いません。

酔うのが目的ではないので、そういうものをたくさん飲むよりも、美味しいビールを少量の飲む方を私は選びます!

 

 

酔うことが目的ではない

学生の頃は、みんなでお酒を飲んで酔っ払うのが楽しいと思っていたけれど、今は子どももいるし酔っ払ってなんかいられません。

でもお酒は美味しいと思うから飲みたいと思います。酔っ払わない程度の量です。

子どもの前で酔っ払うほど飲んでいたらみっともないですが、たしなむ程度に飲むことは全然いいと思います。

子どもの世話とか家事とか主婦だって色々やることがあるし酔っ払っている場合ではないですよね。

 

それに、子どもを産んでからは体型も気になってきたので、たくさん飲むと太るから量は少しにしています。

 

 

お酒が好きな人なら、育児中でも(授乳中は飲めませんけど)お酒を楽しみたいですよね!息抜きしながら子育てを楽しんでいきたいですね!

それでは、また!