ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

子どもの虫歯予防について。重要なのはやはり歯磨き

こんにちは、りっちです。

私自身子供の頃、虫歯が多かったので、子どもには絶対に虫歯になってほしくないと思い歯磨きは頑張ってしているつもりです。

 

以前、歯磨きの絵本を買ったというお話をしました。 

仕上げ磨きを嫌がるので、絵本などを使いながら頑張っているところです。

richmama.hatenablog.com

 

今回は虫歯予防について私の考えをお話したいと思います。

 

大人の虫歯菌がうつる!?お菓子も絶対にダメ?

子供の虫歯を予防するには、大人の虫歯菌を移さないことが大切で、そのためには大人が使った箸で食べさせないとか、口にチュウをしないとか言われてたりします。

また、砂糖をたくさん使ったお菓子とかジュースは絶対に食べさせちゃダメ、という人もいます。

 

ですが、離乳食が終わり大人と同じ食事を食べるようになってからは、そうしたいと思ってはいてもけっこう難しかったりしますよね?

 

お菓子やジュースはカロリー面でも気になるのであまり与えないようにはしていますが、たまにならいいかなと思って与えています。

自分自身もあまり食べないようにしていますが、大人だってお菓子とか食べたくなる時はありますよね。

 

もちろん普段はお菓子はあまり食べさせないようにしていますよ。

以前の記事でも話しましたが、おやつには野菜や無糖のヨーグルトなどをあげるようにしています。 

richmama.hatenablog.com

 

いちばん重要なのは歯磨き

そんな感じで大人と同じお箸で食べさせたり、たまにはお菓子を食べたりしているけれど、今のところは虫歯になったことはありません!

毎食後に歯磨きをして、おやつ後もチョコとか甘いものの時は気になるのでなるべく歯磨きをするようにしています。

 

やっぱり虫歯予防にいちばん重要なのは歯磨きだと思っています。

まだ自分で上手に磨ける年齢ではないので、親がしっかりと仕上げ磨きをしてあげることが大事だと思います。

 

歯が生え始めたばかりの頃は、歯磨きナップで寝る前にお口の中を拭いていました。

ブラッシングを始めてからも、うがいができない頃は歯磨きナップで口を拭っていましたよ。 

ガーゼとかでも良いみたいですけど、私は使い捨てのものの方が衛生的だと思うのでこれを使っていました。

 

定期的な歯科健診も

歯磨きを頑張っているからといっても、やはり虫歯になっていないかどうかは心配です。虫歯かどうかって専門家でないので見てもなかなか分からないですよね。

でも、まだ小さい子供ですから歯医者さんに行ってもおとなしく診察を受けられるか不安です。

なので、私は市町村の歯科健診に行って、3ヶ月から6ヶ月ごとに歯医者さんに診てもらっています。

そこだと小さな子が集まる健診なのでたとえ泣いたり騒いだりしたとしても、まわりもそうだから気になりません。今のところ騒いだことはないですけれど。

歯医者さんに診てもらって、虫歯がないとわかると、この調子で歯磨きをしていけばいいんだなという確認にもなります。

 

 

自分自身が子供の頃に虫歯が多く、大人になってからも虫歯になりやすいので、我が子にはそうなってほしくないんです。

だからきちんと歯磨きの習慣を身につけられるようにしていきたいと思ってます。

 

それでは、また!