ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

子どもの食事の悩み

こんにちは、りっちです。

子どもが食事をあまり食べないとか、好き嫌いがあるとか、上手に食べられないとか…食事についての悩みを持っている方は結構いるようです。

 

娘は間もなく3歳になるんですが、振り返ってみると、今まで食事について悩んだことってほとんどないなと思います。なぜだろう?と思い考えてみました!

 

 

 

あまり食べなくても気にしなかった

まずは、食べる量が少なくても気にしなかったことだと思います。

 

生まれた時は約3300gと大きめだったので、ミルクをよく飲む子でした。5ヶ月から離乳食を始めましたが、離乳食もほとんど好き嫌いせずによく食べてくれていました。

離乳食期に唯一食べてくれなかったのは”納豆”でしたね。でも、絶対に食べなきゃいけない食材でもなかったので別に気にしませんでした。

 

こんな感じで、よく食べる子で食べ過ぎを気にするくらいだったのですが、一時期あまり食べてくれない時期もありました。しかし、そんなに食べなくてもあまり気にしませんでした。体重が減っているわけでもないし、少しでも食べてくれればいいかなくらいに考えていました。お腹が空けば食べたがると思うし、今は食べたくないんだな~と楽天的に考えていました。

 

そう思えたのは体が大きめだったという理由も大きいかもしれません。体が小さくて体重もあまり増えずに、あまり食べてくれないとなると必死で食べさせようと思っちゃう気持ちは分かります。

でも、毎食必死になっていると疲れてしまうので、たまにはあまり食べない日があってもいいかなくらいに考えていてもいいと私は思います。栄養バランスも考えたいところですけど、子どもが好きなものを多く食べさせる日があってもいいと思います。

 

離乳食期だったら母乳やミルクで栄養は補えばよいし、離乳食が終わった後もおやつなど補食で足りない栄養は補えます。小柄な子でも、健康に成長していればいいと私は思います。「食べない」とばかり考えてストレスが溜まるよりは、少し気楽に考える日があってもいいと思いますよ。

 

残しても気にしない

出した食事を残したとしても、無理に食べさせようとはしません。

「食べ物を粗末にしてはいけない、大事に食べなさい」と言う人もいます。それを教えることは良いと思いますが、食事を残すことを食べ物を粗末にしている行為とは思いません。

 

残すということはお腹がいっぱいということだと思うので、それがその子の適量だと思います。大人だって、お腹がいっぱいなのに無理に食べろと言われたらつらいですよね?もし、毎回残すのだとしたらはじめから少なめにするといいのではないでしょうか。

 

好き嫌いは多少ならオッケー

好き嫌いに悩む人もいると思います。

私は多少なら嫌いなものがあっても、無理に食べさせなくていいと思います。嫌いな野菜があるとしても、その他のもので補えばよくて、絶対に食べさせなきゃいけないわけではないですよね。うちの子もピーマンを食べなかったり、多少嫌いなものはあるようですが、それって絶対に食べなきゃいけないわけでもありません。

 

あまりにも嫌いなものが多すぎる場合は、食べてくれるような調理の工夫が必要かもしれませんが、多少なら「他のものを食べてくれればいい」と考えて、悩みすぎなくていいと思います。

 

 

スプーンやフォークを使えなくても気にしなかった

スプーンやフォークを上手に使えなくて悩んでいる人もいるみたいです。

しかし私はあまり気にしませんでした。積極的に使わせたわけではなく、子どもが使いたがったら持たせる程度で、大人が食べさせることがほとんどでしたけど、今はほぼ自分で食べることができます。

お箸も使いたがるから持たせていたら、もうすぐ3歳の今ではいつの間にかお箸も使いこなせるようになりました。まだまだ持ち方はメチャクチャですけど、持ち方を教えるのはまだ先でいいと思っているので教えてはいません。

 

まわりの月齢の近い子がスプーンやフォークを使えているのを見て、焦ってしまうお母さんもいるようですが、私はそもそも他の子と比べませんでした。年の近い子と食事をする機会があまりなかったのもありますが、比べてもしょうがないと思っているので気になりませんでした。

 

richmama.hatenablog.com

こちらの記事でもストローの練習はしなくても使えるようになったと、お話していますが、スプーンやフォークも同じだと思っています。積極的に練習などさせなくても使えるようになります。子どもが持ちたがったら持たせる程度で良いと思います。

スプーンやフォーク、お箸を使えない普通の大人の人っていないですよね?その他のことが順調に成長発達していれば、練習などさせなくても遅かれ早かれ使えるようにはなると思います。手先の器用さは個人差が大きいことだと思うのでまわりと比べなくてもいいと思います。なので、悩みすぎる必要はないです。

 

悩み過ぎは良くない

私個人の意見ではありますが、あまり食べない日があっても気楽に考えていいし、嫌いなものがあってもいいし、スプーンなどをまだ上手に使えなくてもあまり気にする必要はないです。ほとんどは子どもの成長にとって大きな問題はないと思います。

食事に限らず、悩んでもしょうがないことは悩みすぎないほうが良いと思いますよ。

私が楽天的すぎるのかもしれませんが、ストレスを感じているばかりだと毎日つらいですよね。少しだけ考え方を変えれば、悩みも減ると思います!

 

それでは、また!