ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。育児や仕事、日常生活においてポジティブな考え方などを提案していくブログです。

親知らず抜歯の行程と体験談

こんにちは、りっちです。

数日前に親知らずを抜歯したんですが、抜歯をする前は、怖くて怖くて、ネットで色々調べたりしていました。

なので私の経験談もご紹介したいと思います!これから親知らずの抜歯をする方の参考に少しでもなればうれしいです。

 

 

 

親知らずを抜歯することになった理由

右下の親知らずが、完全に生えてこなく少しだけ見えている状態でした。

みがきづらく、そのままにしておくと虫歯や口臭の原因になると別の件で通っていた歯医者さんに説明を受け、相談して抜くことにしました。

 

親知らずの抜歯の行程

麻酔

まずはじめに、麻酔をします。細い針で薬液を歯茎に注入するんだと思いますが、針がチクッと刺さるとき、少し痛いです。麻酔が効くまで5~10分程度待ちました。

 

歯肉を切開

私の場合は親知らずが完全には見えていない状態だったので、麻酔の後、歯肉を切開しました。

麻酔ってホントに効くんですね。全く痛くありませんでした!「切ってるの?」と思うほどです。

 

歯と骨がかぶっているところを削る

親知らずに骨がかぶさっているところを削りました。

「ドリルで削ります。」と説明をされていたので、かなりビビっていましたが、虫歯の治療をしたことのある方は分かると思いますが、虫歯を削るのと同じような感じでした。

 

親知らずを抜く

いよいよ親知らずを抜きます。

まずはグググッと強く押されるような感じで、その後に「抜きますね~」と先生に言われ、グッと抜けたような感じが。これも麻酔がきいていて全く痛くありません。

 

切開した部分を縫合する

切開した部分を糸で縫います。私は3箇所縫いました。これまた痛くはありません。でも、糸が通っているような感覚は少しありました。

 

止血

ガーゼをしばらく噛み、だいたい止血出来ていることを確認し終了でした。翌日くらいまでは、じわじわと出血するけれど問題ないとのことでした。

 

すべての行程が30分程度で終了しました。

 

抜歯後、自宅に帰ってからのこと

痛み

止血用のガーゼをもらい、食事は3時間後くらいからと説明され、帰宅しました。

2時間後くらいから、多少痛みが出てきましたが、周囲の感覚はまだ完全には戻っていなく、水を口に含みづらかったです。

食事OKと言われた3時間後くらいからは、傷がかなり痛んできたので、鎮痛剤を飲み、完全に痛みがなくなるわけではないけれど、少し良くなります。歯肉をガッツリ切開したので痛みは覚悟していたけれど、けっこう痛いです。

 

出血、食事

説明されたように、出血は多少続いていて、痛みがあったので、あまり食事はとる気にはならなかったけれど、お腹が空いてきたので少しは食べました。

でも、噛むのが怖くて、豆腐とかゼリーとか飲み物のみ。出血はありましたけど、お腹が空いていたからか、普通に美味しく食べられました。

 

歯磨き

歯磨きも、傷口の周囲は怖くてあまり磨けなかったですが、そーっと磨いてみました。多少出血し、痛みもあります。翌日以降も傷はまだ痛むので歯磨きは恐る恐る。傷に触れるとやはり痛いです。

 

翌日以降

翌朝には出血はほとんどありませんでしたが、すこーしだけ血の味がしました。

抜歯した側の頬が多少腫れましたが「飴玉がほっぺに入っている」ような感じで、ひどくはありません。それと、当日ほどではないけれど、痛むので、その時は鎮痛剤を飲むと軽減します。

食事は抜歯した側と反対で噛めば、いつも通りなんでも食べられます!

 

 

抜糸は約1週間後の予定です。しばらく多少の痛みはあると思うけれど我慢できそうです。

歯医者さんって自分では見えないから何が行われているのか不安や恐怖がありますが、どんな感じなのか分かっていると少しは不安が軽減するかなと思います。痛みは鎮痛剤で軽減できますし、これから親知らずの抜歯をするという方も不安に思いすぎる必要はないですよ!

それでは、また!