ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。元看護師です。育児のことや看護師の仕事についてなどを中心に書いています。最近英語の勉強をはじめました。

暑い時期の、調味料の保存について

f:id:richmama:20180612143419j:plain

こんにちは、りっちです。

最近暑くなってきましたね。暑くなると食品の保存にはいつも以上に気を遣います。

 

以前、天ぷら粉は封を開けたら冷蔵庫で保存しなければならないとテレビで観て、意外だと思ったことがありました。天ぷら粉の他にも、意外と開けたら要冷蔵だと知らない人いるんじゃないかなと思ったものをお話したいと思います。

 

 

意外と多い?開けたら要冷蔵の食品

醤油、料理酒

醤油や料理酒は常温で販売していて、開封前は常温で保存できますが、開封後は冷蔵庫で保存するのが適しています。商品によっては常温で保存できるものもあるので、パッケージの表示をご覧ください。

 

煮干し、鰹節

出汁を取るときなどに使う、煮干しや鰹節。これも開封後は冷蔵保存です。乾燥しているものなので、常温で保存できそうなイメージが有りましたが、写真に載せたように袋の裏にはっきりと冷蔵保存と書いてありました。

f:id:richmama:20180612140009j:plain

f:id:richmama:20180612140044j:plain

ちなみに我が家のはヤマキのものです。メーカーや商品によっては異なることもあるので表示をご確認ください。

 

鶏ガラスープの素

鶏ガラスープの素は常温で保存できますが、夏場は冷蔵庫での保存がおすすめと記載されていますね。

f:id:richmama:20180612140159j:plain

炒りゴマ

我が家で使用している炒りゴマも開封後は冷蔵保存と記載がありました。

 

パッケージの表示を確認しましょう

以上は、私が「冷蔵保存とは意外だった」と感じたものの一部で、我が家で使っているものの例です。メーカーや商品によっては異なる保存方法かもしれないので、ご自宅で使っているもののパッケージの表示を確認してみるといいかと思います。

 

これからより一層暑くなってきますので、食品等の保存にはさらに気を遣いたいですね。それでは、また!