ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。元看護師です。育児のことや看護師の仕事についてなどを中心に書いています。最近英語の勉強をはじめました。

私のおすすめ、ワンタフトブラシの使い方

f:id:richmama:20180903143728j:plain

こんにちは、りっちです。

先日、歯磨きについての記事を書きました。

 

www.rich-mama.com

 

この中で紹介した、ワンタフトブラシなんですが、主人に「これってどうやって使うの?」と聞かれたので、他にもピンと来ない方もいるかなと思い、今回ご説明したいと思います。

(私は歯の専門家でもなんでもないので、私個人はこうやっていますという方法をご紹介するだけです。)

 

ワンタフトブラシの使い方

ワンタフトブラシとは

ワンタフトブラシとは毛先が小さくひとかたまりになっている歯ブラシです。下の写真のような形状をしています。

f:id:richmama:20180831133242j:plain

 

ブラシ部分を拡大すると、このような感じになっています。私の使っているものは毛先が山型になっています。

f:id:richmama:20180831133439j:plain

 

この小さな毛先が、ピンポイントで磨きたい部分に届きます。

 

磨く部位

私がこれで磨いているのは、以下の4つが主です。

①前歯の裏側

②歯と歯茎の境目、歯と歯の間

 下のイラストの黄色で線を引いた部分です。

③奥歯の溝

 下のイラストのピンクの矢印で指した部分です。

④奥歯の一番奥

f:id:richmama:20180831140204p:plain

 

もともとは、歯列矯正を始めてから、矯正歯科の歯科衛生士さんに勧められて使い始めました。矯正器具は歯の表面に装着されているので、その凹凸を磨くために使っていました。ですが、矯正器具が付いていない歯ももちろん磨けます。

凸凹が大きい部分をピンポイントで磨くことが出来るんです。鏡で見ながら、じっくり磨きます。

 

普通の歯ブラシと併用

ワンタフトブラシだけでも全体を磨けるんだとは思いますが、毛の面積が小さいのでそれだと効率が悪いのかなと思います。普通の歯ブラシで、歯のツルツルな面も含め、全体的に磨いてから、ワンタフトブラシで汚れが溜まりやすい部分を磨くのが私は良いと思います。

 

手間はかかるけどキレイになります

主人は「面倒くさいね」と言っていました。普通の歯ブラシにプラスしてコレをやるわけですから、面倒くさいといえばそうです。でも私は、手間がかかってもキレイになるからやっています!これに慣れると、全く歯を磨かないで寝るのと同じくらい、ここまでやらないと気持ちが悪いと思っちゃいます。

 

最初は面倒かもしれないけれど、慣れれば嫌なことではないし、キレイになってとってもすっきりします。普通の歯ブラシと同じく100円から200円台くらいでドラックストアなどでも簡単に手に入るので、使ったことないって方は是非試していただきたいです。歯並びが悪い方には特におすすめです。私はもうこれがないとダメです!

それでは、また。