ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。元看護師です。育児のことや看護師の仕事についてなどを中心に書いています。最近英語の勉強をはじめました。

子どもとホテルに泊まるときのベッドの使い方

f:id:richmama:20180912140853j:plain

こんにちは、りっちです。

先日東京に行った時、家族三人でホテルに宿泊しました。

 

ベッドは落下が心配

小さいお子さんがいると、ホテルのベッドは落下が心配で、眠れるかなと考える方もいると思います。実際、私達も娘が0歳代くらいの赤ちゃんの時はホテルに泊まることはありませんでした。たいてい、旅館に泊まり、和室に布団で寝るというパターンでした。温泉でゆっくりとか、東京に遊びに行くとか、旅の趣旨にもよりますが、ある程度の年齢になってからは、ホテルに宿泊することも増えました。

 

4歳になった現在でもやはりベッドからの落下は心配です。大きなベッドに3人でというのもありですが、それだと狭いので、我が家はいつもツインの部屋に泊まり、主人は1人で、私と子どもが1つのベッドで寝るという感じです。

 

その際には、ベッドを必ず壁側にくっつけて、子どもが壁側になるように寝ます。小さい子供がいると事前に連絡すればホテルでやってくれることもあります。いつもツインの部屋に泊まりますが、今回は壁にベッドをくっつけるだけでなく、2つのベッドをくっつけさせてもらいました。2つのベッドをくっつけると、自分自身も落ちる心配がなく(落ちたことはありませんが)ぐっすり眠れました。

 

赤ちゃんが一緒だとベビーベッドを用意してくれるホテルもありますよね。小さい赤ちゃんならそうした方がいいと思いますが、1歳とかある程度の年齢になればベッドを壁側にくっつけて一緒に寝ることも可能です。

 

娘はホテルが大好き

自宅では布団に寝ているからか、家と環境が違うのが楽しいのか、4歳の娘はホテルにお泊りするのが大好きです。疲れたってのももちろんあると思いますが、今回の旅でも「早くホテルに帰りたい」と何度も言っていました。

 

旅行に行っても、あまり夜遅くまで外で遊ぶということはなく、早めにホテルに入りゆっくりします。今回も快適に過ごせました。

それでは、また。