ストレスフリーなママになろう!

夫と娘と毎日のんびりと過ごす主婦です。元看護師です。育児のことや看護師の仕事についてなどを中心に書いています。最近英語の勉強をはじめました。

3歳の娘の乱視が発覚。メガネデビューしました。

f:id:richmama:20180426150620j:plain

 

こんにちは、りっちです。

うちの娘は現在3歳8ヶ月です。少し前に市町村の3歳半健診があり、受診したところ、乱視が発覚して、メガネを作りました。なので今回は乱視が分かってメガネを作るまでのお話をしたいと思います。

 

 

 

乱視が発覚するまで

3歳半健診

私の住む市町村の乳幼児健診は集団健診です。3歳半健診の通知が事前に自宅に届き、健診の日までに自宅で簡単な検査をするようにとの説明が入っていました。それを自宅で行ってみましたが、見えないのか、それとも理解していないのか娘の反応はいまいちでした。

健診当日、保健師さんとの問診の時にそれを伝え、保健師さんに視力検査をしてもらいました。そうすると「理解しているのかどうか判断しかねるけど、離れると答えられないので、見えていないのかもしれない。眼科だともっと詳しい検査が出来るから、受診したほうが良い。」と言われ、眼科の受診を勧められました。

 

眼科を受診

後日、紹介状を持ち、眼科を受診しました。

検査を行うと、乱視があり左目のほうが少し強いので、メガネを掛けて矯正したほうが良いとのことでした。

 

メガネを作るまで

初めて受診した日は一旦帰宅し、また後日受診しました。そこで検査に使用する瞳孔を広げる目薬をもらってきて、それを3日間つけて、それから再び検査をしました。そしてその日にメガネの処方箋をもらいました。

その後にメガネ屋さんへ行き、1週間ほどで出来上がりました。

 

メガネができてから

初めてメガネを付けた日は、慣れないためすぐに外したがっていました。メガネを掛けていることにはすぐに慣れましたが、付け外しがまだ上手くできないので、幼稚園には慣れてから付けていくようにしました。幼稚園の先生にも詳しく説明して、取扱いを協力いただくようにお願いしました。

 

子供の視力

遠視や乱視を矯正しないでいると、細かいものを見るための脳や神経の働きが十分に成長せず、視機能の発達が途中でとまってしまいます。その結果、メガネやコンタクトレンズで矯正しても見えないという状態になります。これを弱視といいます。

 

なので、幼児の視力低下は早期発見が重要です。見えづらそうにしていたり、目を細めて見ていたりすることで気づく場合もありますが、うちの子の場合はそういうのは全くありませんでした。お絵かきなんかも大好きで細かい絵をたくさん書いていましたし、親である私達も日常生活では気づきませんでした。ですから、健診で気づいて、本当に良かったです。 

 

乳幼児健診は大事ですね!

今回のことで、異常の早期発見のためには乳幼児健診は大事だな~と改めて感じました。そして、不安なことは医師や保健師にきちんと伝えることが重要です。今回自宅で視力検査をしたときには「これで大丈夫かな?検査方法を理解していないだけで見えてるんじゃないかな?」とも少し思いましたが、きちんと伝えて、再検査してもらって良かったなと思います。

特に視力のことは親でも気付かない場合があるので、3歳児の健診は大事ですね。健診に行かないとしても、何か少しでも変だなと思ったら病院を受診するといいかもしれません。

 

子供の遠視や乱視は、早期に発見し適切な治療をすれば回復するようなので、子供の視力には十分注意したいですね。

それでは、また!